• 水まわり(キッチン/トイレ/お風呂)リフォーム

水まわり(キッチン/トイレ/お風呂)リフォーム

キッチンリフォーム

LDK・玄関・廊下・階段などの内装リフォーム

キッチンは、ご家庭の中でも作業する頻度が多く、皆さんが利用する場所。

なので、劣化も早く一番汚れてくる場所です。キッチンリフォームは、システムキッチンへのリフォームするで、広々とした空間と取り出しやすい収納を確保でき、毎日のお料理を快適に行うことが出来るようになります。

キッチンリフォームのサイン

キッチンリフォームのサイン

一般的キッチンは15~20年が寿命と言われています。油を使ったり、湿気が溜まったりと住宅で一番劣化しやすい場所です。なので、築15年を過ぎたころから水漏れや扉の破損、取れない汚れなどが目立ってきます。

修理でまかなえる場合は大丈夫ですが、不具合を感じたり、今のキッチンに不満を感じたらリフォームを考えるサインです。

キッチンをリフォームする際のポイント!

毎日使うキッチンだから・・・
家事動線を考えて、使いやすいキッチンにするだけで、毎日楽しい家事となります。
キッチンの使いやすさは動線設計にあります。お客様の家族構成やライフスタイルを考えて、使いやすいキッチンへ

作業の流れを考慮し動線を考える

キッチンリフォームで大事なのが動線設計です。デザインも大切ですが使いにくくてはリフォームの意味がありません。当社では毎日の家事はもちろん、家族構成や要望もふまえベストなキッチン動線を設計します。

収納を十分に確保する

キッチンの使いやすさは片付けられているきれいな空間がそれを実現し、その為にも十分な収納スペースが必要です。限られたキッチンの空間で、たくさんの食材の保存や電化製品を配置しなければなりません。当社ではオープンなキッチンが雑多にならないように考慮したリフォームを行います。

ゴミの保管スペースの設置

ゴミの保管スペースは意外と見落としがちです。ゴミ箱の設置場所も動線上にないのでは意味がありません。

身長に合わせる

毎日使うキッチンは、機能性はもちろん毎日使う人に合わせたサイズにすることが重要です。
前キッチンの高さや疲れない高さに合わせて、毎日の家事を楽しく行えるようにしましょう。

トイレリフォーム

トイレリフォーム

毎日使う場所だから・・・you工房で清潔で快適な空間にしてみませんか?

トイレリフォームには「和式から洋式へ」「お掃除がしやすいトイレへ」などのトイレ自体のリフォームのほか、「収納スペースを増やす」「ロータンクのないトイレでコンパクトに」など、トイレ空間を有効に活用するリフォームがあります。

トイレリフォームのポイント

トイレのドアの開き方

通常、トイレのドアは内開きですが、最近では高齢者がトイレの中で倒れたりした場合を考え、外開きの扉も増えてきました。しかし、外開きも廊下に物が倒れて開かなくなり閉じ込められたという話もあり、事故の元です。 なので、一番の安心でお勧めは引き戸です。

トイレは各階に

2階建ての住宅は、各階にトイレが必要になります。階段を昇り、降りの必要もなく、家族でトイレに並ぶ必要もありません。ただし、階のトイレなどの水廻りを一本にし、配管を集中させましょう。

バリアフリー化

歳を重ねると、トイレに行く回数も増えます。例え、歩行が困難になったり、筋力が低下したりしても、人の手を借りなくていいように手摺をつけたりして老後に備えましょう。

トイレの収納

トイレの中でトイレットペーパーなどの収納スペースが必要です。
高さが高いと、前後に重ねるととりにくくなるので、奥行きは浅く、高さを大きくすると収納しやすいです。
また、中身を見られたくないので、扉をつけましょう。

バスリフォーム

バスリフォーム

you工房でお風呂リフォームでは、これらの快適設備を上手に使ってお客様好みのバスタイムを演出してみませんか?

お風呂は、一日の疲れをとり心身ともにリラックスできる、癒しの空間。
ストレスフルな現代人のご要望に沿うように、快適なバスライフを過ごすための設備やバリアフリー対応設備が続々と登場しています。

バスルームのリフォームのサイン

バスルームのリフォームを考える要因として、「風呂場が寒い・・・」という意見が多々あります。
特に、冬場のお風呂場の寒さは異常です。暖かいお部屋から寒い脱衣所に移った時の急激な温度差で、特に高齢者の身体に大きな負担がかかります。バリアフリーの為にも、バスルームのリフォームはお勧めです。

高性能ユニットバスにリフォーム

家庭における消費エネルギーの実態

キッチンリフォームをされる方、お風呂のリフォームをされる方は、一緒に給湯器の見直しをおすすめ致します。家庭でのエネルギー消費は、大きく分けて3つに分けられます。「冷暖房」「給湯」「照明・家電」です。中でも選ぶ機器によってエネルギー消費が大きく違ってくるのが、「給湯器」といわれています。

現在主流となっているのが省エネで大きなエネルギーを生み出す高効率の給湯器です。空気の熱を利用する「エコキュート」、ガスで発電する「エコウィン」や「エネファーム」があります。

エコキュート

お風呂に湯を溜めたり、食器を洗ったりと、日々の家事を支えている給湯器。毎日使うものだからこそ、少しでも家計に優しい機器を選びたいもの。

最近は、従来の給湯器に比べて、効率よくお湯を供給し、電気・ガス代を節約する上に、CO2の排出量も減少させるエコタイプが人気です。機器によっては国の補助がおりることもあります。

床暖房の導入など、電力・ガスにまつわるリフォームをするなら、家計にも地球環境にも貢献できる給湯器も検討してみませんか?

ページの先頭へ